千葉市でおすすめ評判の歯医者・ブライト歯科・矯正歯科クリニックの口コミ・評判
ブライト歯科・矯正歯科クリニックからのメッセージ

 お口のケアは健康管理の出発点です。

私たちはご来院いただく皆様に
生涯にわたり、味わう、話す、笑うといった人間らしいいとなみを楽しみながら、豊かな人生を過ごしていただきたいと願っています。
そして、それぞれのライフステージに応じた適切な治療と口腔ケアの提供を通じて、末永く歯とお口の健康を維持できるようお手伝いすることが役割であると考えております。
自然治癒が望みにくい口腔疾患では、治療と共に日頃の予防が重要です。私たちは治療と口腔ケアについて患者さんの十分なご理解、ご納得が得られよう対話を大切にした診療を心がけています。

news&topics

2015.05.19 TBSテレビより、安原先生が取材を受けました。

この差って何ですかの取材集合写真
TBSテレビ「この差ってなんですか?」から「歯科医が考える良い歯科医」について取材を受けました。

詳細を見る


星陵日記

[2019.01.11] インプラントの長期安定に関わる因子 [2018.05.29] インビザライン/マウスピース矯正
[2018.12.20] フレッチャリズムでQOL up❗️ [2018.04.19] 舌で健康チェック
[2018.11.19] 歯科治療になぜ顕微鏡を使うのでしょう? [2018.03.30] WDAI BASICCOURSEへ参加してまいりました
[2018.11.02] 最近の高齢者のお口の変化~
8020は既に達成?!
[2018.02.10] 死亡リスクを高める「口の衰え」を防ぐには!
[2018.10.04] 肺炎予防には口腔ケアが重要です [2017.12.04] OAM大口式インプラント法ベーシックコースに参加してまいりました
[2018.09.21] 子供の外傷歯の治療方法と予後 [2017.11.22] インプラント治療におけるサージカルステントの有効性
[2018.08.29] 寝ている間に歯科治療 [2017.11.13] あなたの歯周病はどんな細菌によって悪化しているのでしょう?
[2018.07.27] 歯科医院で出来るもうひとつの検診
~お口のガン検診~
[2017.10.20] 糖尿病の予防・改善には
歯周病治療が効果的です
[2018.07.12] ヒトラーは1945年に死亡
歯と頭蓋骨の分析
[2017.09.30] 歯並びで顔は大きく変わります
[2018.06.18] ジルコニアインプラントとは [2017.09.12] むし歯を薬で治せるようになる?

2019年01月11日  インプラントの長期安定に関わる因子

年末年始の慌ただしさから、ようやく普段の生活に戻ってきました。
寒の入りも過ぎ、いよいよ冬本番。
空気も乾燥し、巷ではインフルエンザが大流行し始めています。
体調管理に気をつけお過ごしくださいね。

ところでインプラントにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

・一生涯使えるもの?
・自分の歯と同じように使える?
・高い?
・トラブルが多い?

一時期はメディアにも多く取り上げられていたインプラントですが、実際のところどのくらい使えるものなのでしょうか?
今回はインプラントの寿命とそれに影響するものについて、ご紹介しようと思います。

インプラントって?

歯を失ってしまった際の治療法(欠損補綴)には大きく分けて、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つが存在します。
ではそれぞれどのくらい長く使えるものなのでしょうか?
欠損補綴の種類による単純比較はできないのですが、治療後 10 年でどのぐらいの人が使い続けているか(10 年生存率)で比べてみましょう。

インプラント 入れ歯 ブリッジ
メリット 健康な歯を削ることがない
周囲の歯に負担をかけない
噛む力が本物の歯に近い
健康な歯を削る量が少ない
取り外して清掃できる
残っている歯や顎の形にとらわ れない
異物感が少ない
つけたままで生活できる
本物の歯の感覚に近い
デメリット 治療期間がかかる
外科治療が必要になる
骨の量や持病によっては適応外となる
(できないこともある)
異物感が強い
金属などが見えることがある
噛む力が弱い
(本来の2割程度)
本数や適応範囲に限界がある
(できないこともある)
健康な歯を削る必要がある
清掃しにくい
10年
生存率
約95% 修理なしでは継続利用困難 約87%

またある研究ではインプラントの早期(上部構造完成前)脱落は 154 本/11311 本(1.4%)、約 9年経過した症例で脱落した数は 46 本/2367 本(2.0%)
脱落していないものの、問題を抱えているインプラントの数は早期で 121 本/11311 本(4.4%)約 9 年経過した症例で 25 本/2367 本(4.2%)
9年間経過を追っている患者さんで、早期、晩期合わせると問題を抱えるインプラントは 45 本/2367 本(7.6%)インプラントが脱落してしまった本数は 72 本/2367 本(3.0%)となっており、約 97%のインプラントが機能しているとの結果が出ています。

では問題を抱えているインプラントや脱落してしまったインプラントは、どのような理由でそのような事態に陥ってしまったのでしょうか。

一番大きな原因は歯周病です。日本人の約8割の人が罹患すると言われている歯周病ですが、実はインプラントも歯周病に罹患してしまいます。
インプラントの約 9.5%が歯周病に感染してしまうそうです。
そのほか、持病(糖尿病や骨粗しょう症)、補綴(被せ物の形)や趣向品(喫煙)などの問題もインプラントの長期予後には欠かせない因子ではありますが、それらは歯周病にも影響を与える因子であり、歯周病の予防がインプラントの長期安定に最も重要な因子だということがわかります。

インプラントは天然の歯とは違い、歯肉(歯茎)とは付着していません、そのためインプラントの歯周病により骨が溶けてしまうとインプラントはすぐにぐらついてきてしまいます。
またインプラントは骨とダイレクトにくっついているため揺れ始めるとさらに骨にダメージが加わり、どんどん骨が溶けていってしまいます。
この悪循環が原因でインプラントが取れてしまうことが多いのです。
最大の敵インプラントの歯周病を防ぐことで、インプラントが“ダメ”になってしまうリスクがかなり下がります。

歯周病に気をつけるためには普段の歯磨き、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
現在インプラントを埋めている方も、そうでない方も、定期的にメンテナンスを受けて、生涯美味しいご飯をしっかり食べることができるようしましょうね。

ちなみに生涯美味しくご飯を食べることができる健康な歯をお持ちの方は、健康寿命も長いそうですよ!

歯科医師 渡辺知明

Information

『2015年版 日本の歯科100選』に当院が掲載されました。


ごま書房新社より出版された「2015年版 日本の歯科100選」に当院が掲載されました。

全国の歯科100医院の最新情報が紹介されています。ご来院の際は是非ご一読ください。

2015年版 日本の歯科100選掲載記事


『歯周病は薬で治る!』に当院が掲載されました。

book_shishubyo.png
内服薬にて歯周病を治療する『歯周内科学』に関する本が出版され当院も研究会会員として掲載されています。
内服薬による歯周病の詳細につきご興味のある患者さんに同誌をお分けしております。
ご希望の方は歯科相談・お問合せへメールまたはお電話にてご連絡ください。


ブライト歯科・矯正歯科クリニックへのアクセス

住所:千葉県千葉市若葉区東寺山町422-1(コープ東寺山町店内)

駐車場 180台

科目
午前診療
(10:00∼13:30)
午後診療
(14:30∼19:00)

※休診日:祝日(月曜を除く)

※日曜日は、午前10:00~14:00 午後15:00~19:00迄です。

※学会等で、診療時間が変更する場合があります。